高橋智史くん・仙台写真展4/15(水)〜28(火)

カンボジア在住フォトジャーナリスト・高橋智史くんから、仙台での写真展のお知らせがありました!
———————————————–
こんにちは。高橋智史です。
いつも温かい応援をいただき、本当にありがとうございます。
カンボジアに戻り、1ヶ月が過ぎました。
カンボジアは酷暑と呼ばれる1年の中で最も暑い季節に入り、連日40度近い気温になっています。来週からはカンボジアのお正月の期間に入り、お休みとなります。
この1ヶ月は、故郷、秋田の大学生を案内するスタディツアーの開催、地元英字紙との仕事などで忙しく活動をしておりました。
そして、名取洋之助写真賞、受賞作品写真展が、最後の巡回地である仙台で、来週から開催をいただきます。
仙台は、僕の父の故郷であり、小さい頃、秋田から仙台へ毎年のように遊びに行っていた記憶があります。
その地で開催をいただけることを、とても嬉しく思っております。
開催期間が2週間と長いですので、多くの方々に
お越しいただけることを、カンボジアから願っております。
●ニコンプラザ仙台フォトギャラリー
会期:2015年4月15日(水)~28日(火)
時間:9:30~18:00
これからも僕は、カンボジアの地で、彼らの正義を求める思いを最前線で切り取り、伝え続けていこうと思います。
仙台での名取賞のご案内ハガキと、秋田魁新報に掲載いただきましたコラムを添付させていただきます。
このような温かい応援に心がいつもいっぱいになります。
いつもいつも心から感謝をし、これからも一つ一つの歩みで取材を続けます。
高橋智史
高橋智史/Takahashi Satoshi
photojournalist/on asia images-Light Rocket

website
http://satoshitakahashi.jp/ [japanese]

[English -photo agency website-]
名取賞仙台DM1
秋田魁新報コンパス 名取賞仙台DM2
広告

コメントする

高橋智史くん第6回、国際ジャーナリスト連盟(IFJ)特別賞受賞

カンボジア在住フォトジャーナリスト・高橋智史くんが、名取洋之助写真賞受賞に続き、また大きな受賞をされました!

—————————-
お世話になっている皆様へ
こんにちは。高橋智史です。
いつも温かい応援をいただき、本当にありがとうございます。
僕は、日本でのすべての日程を終え、3日前にカンボジアに戻りました。
名取洋之助写真賞受賞作品写真展の大阪での展示にも、3日間だけ出席をさせていただきました。
日本の活動で本当に多くの新たな出会いを得られ、心からの感謝の気持ちで満たされています。
名取賞の展示にお越しいただきましたすべての皆様に感謝をいたします。本当にありがとうございました。
そして、第6回、国際ジャーナリスト連盟(IFJ)日本賞において、特別賞の受賞をいただくことができました。
受賞記事を、新聞連載や書籍出版などで大変お世話になっている新聞社、秋田魁新報紙面に掲載をいただきました。
また、ウェブサイトにも掲載をいただいております。3年連続の大賞を受賞することはできませんでしたが、この受賞で、少しでも取材をさせていただいた人々の思いが、多くの方々に伝わっていくことを嬉しく思います。
これからも僕は、カンボジアの地で、彼らの正義を求める思いを最前線で切り取り、伝え続けていこうと思います。
これからも一つ一つの歩みで取材を続けます。
今後、名取賞は、福島と仙台で開催をいただきます。
多くの方にお越しいただけることを、カンボジアから願っています。
●福島市民ギャラリー
会期:2015年3月2日(月)~9日(月)
●ニコンプラザ仙台フォトギャラリー
会期:2015年4月15日(水)~28日(火)
高橋智史
高橋智史/Takahashi Satoshi
photojournalist/on asia images

高橋智史website
http://satoshitakahashi.jp/ [japanese]

[English -photo agency website-]

sakigake_ifj_2015-1

コメントする

高橋智史くん「中央公論」2月号フォトグラビア掲載情報

カンボジア在住フォトジャーナリスト・高橋智史くんから記事掲載情報が届きました!

————-

こんにちは。高橋智史です。
 いつも温かい応援をいただき、本当にありがとうございます。
ご連絡が遅くなってしまいましたが、1月10日(土)に発売されております「中央公論」2月号のフォトグラビア欄に
名取洋之助写真賞に関連した「屈せざる女性たち」のフォトストーリーを掲載いただいております。
お時間がありましたら、ぜひ書店でご覧になってみてください。
また、1月14日(木)に「Cambodia Day in Akita」と題したカンボジアを伝えるシンポジウムを私の故郷、秋田で開催をさせていただきました。ごみ山に生きる女性達への経済的自立支援活動であるカンボジア版ババヘラアイスのハッピーアイスプロジェクトの紹介と、その活動を担っているNGO「JLMM」の石田咲子さん、そして、技術協力をしてくれた進藤冷菓さんをお招きし、それぞれの見てきたカンボジアを紹介いただきました。
また、私の最新の活動内容も、発表をさせていただきました。その一連の流れが、お世話になっている秋田魁新報紙面と、ABS秋田放送のテレビ「ABS News every」でご紹介をいただきました。また、ABS秋田放送ラジオでも、私の最新の活動についてお話をさせていただきました。
多くの皆様の温かい応援に心から感謝をいたします。
そして、今月末は名取洋之助写真賞の受賞作品展の開催をいただきます。
多くの皆様のご来場を心からお待ちいたしております。
下記のサイトから、日にちなどの内容を閲覧できます。
温かい応援に心から感謝をし、一つ一つの歩みでこれからも頑張ります。
高橋智史
高橋智史/Takahashi Satoshi
photojournalist/on asia images

高橋智史website
http://satoshitakahashi.jp/ [japanese]

Cambodia Day 秋田魁新報 中央公論 名取賞DM

 

コメントする

東北被災地・仮設住宅へ年賀状を

神戸在住・瓜谷さんが主催のボランティア団体・NPO「アセック」が今年も、東日本大震災地・宮城、福島の仮設住宅で暮らす方々に、全国から集まった年賀状を届けます。

 

もともと、阪神大震災の経験をされた瓜谷さんが当時、仮設で暮らし、電話も手紙も訪れてくれる人もいない寂しい日々に、中には、年を追うごとに残念ながら自殺されてしまうお一人暮らしの年配の方々を何とか元気づけようと、日本に限らず、世界の方からもメッセージを集めて被災者のもとに配ってまわられていました。

 

今や、東北でもまだ仮設住宅でひとりお正月を迎えようとされている方達こそ、元気づけたい! 、、、と。2011年から続けていらっしゃいます。

 

この企画によって、受け取った年賀状に(配られた年賀状の見知らぬ差出人に)返事を書いたり、そして文通につながったり、いつかお互いに訪ね合おうねと、日々の喜び・楽しみが生み出されています。

 

ぜひ、12月27日必着で、「元気メール年賀状」企画にご参加ください。

・仮設住宅で暮らす方への「年賀状」を書いて、封筒に入れて

655-0046

神戸市垂水区舞子台8-16-16-604

「元気メール年賀状」瓜谷幸孝様あてまで

(お問い合わせ・090-6735-4253・瓜谷さん)

新聞

img07293 img07294 img07292

コメントする

高橋智史君からのお便り

この度、栄えある名取洋之助写真賞を受賞したカンボジア在住フォトジャーナリスト高橋智史君から、授賞式と写真集出版のお知らせがありました!

——————–

こんにちは。高橋智史です。いつも温かい応援をいただき本当にありがとうございます。
僕は12月9日に一時帰国し、翌日10日の名取洋之助写真賞の授賞式に出席をさせていただきました。
本当に、感謝の気持ちでいっぱいの時間でした。スピーチをさせていただくとき、2003年からのカンボジア取材の中で出会ってきた仲間たちの思いが心の中に溢れてきました。
そして、名取賞でもテーマとさせていただきました正義を求めて闘い続ける活動家たちの姿が、目の前に浮かんでいました。
18歳のとき、NGOスタッフとしての夢を描いて東京に出てきて、自分の成すべきことに葛藤を繰り返しながらボランティア活動に励んでいた僕にとって、その活動の中での写真との出会いは、
複数の大きな道を一つにつなげてくれるものでした。それ以来、無関心を関心に変える写真の力、伝える手段の写真の力を信じ続けてきました。
挫折しそうなときは、温かく包み込んでくれる恩師や大切な仲間、そして、カンボジアがありました。
僕はこれからも、カンボジアの人々の届かぬ声を、叫びを、彼らの輝く時を見つめ続け、伝え続けていきたいと思います。
そしていつの日か、彼らの望む未来がこの国にもたらされた時も、僕はその現場で、彼らの姿をファインダーから見つめ、シャッターを切っていたいと思います。
僕は、来月1月末から始まる名取洋之助賞の受賞作品展までの期間は、日本で活動をいたします。
雑誌、新聞、ラジオなどで、僕の見てきた最前線のカンボジアを、伝えさせていただきます。
また、例年の帰国時と同じように、講演会、報告会も開催ができればと思っておりますので、いつでも機会がありましたら声をかけてください。
カンボジアの今を、大切な仲間たちをいつも心に思い、日本でもがんばります。
いつも温かい応援をいただき、心から感謝をしております。
名取賞1
こんにちは。高橋智史です。いつも温かい応援をいただき本当にありがとうございます。
名取洋之助写真賞での受賞式を無事に終え、1月末から始まる受賞写真展まで、日本でカンボジアを伝える活動をして行く予定です。
そして、名取洋之助写真賞の「受賞写真集」を日本写真家協会から50部の限定で作成をいただきました。
増刷されることもないため、すべての写真集にナンバリングをして、サインをいれてあります。
名取洋之助写真賞は、30枚一組でのフォトストーリーですので、写真集も同一内容となっており、日本語/英語でストーリーとキャプションが掲載されております。
この受賞記念写真集を、本当に欲しいといって下さる方々へこれから販売し、お世話になっている方々へ贈らせていただこうと考えておりますので、
もし、ご購入を希望いただける時は、僕にご連絡をいただけましたら幸いです。
今も正義を求めて闘い続ける彼らの今をいつも思い、彼らの思いと現状を日本で伝えます。
温かい応援に心から感謝をし、これからも頑張ります。
高橋智史/Takahashi Satoshi
photojournalist/on asia images
website
http://satoshitakahashi.jp/ [japanese]

コメントする